Angel♪Musica〜エンジェルムジカ〜ピアノ教室 ブログ
横浜のアットホームなピアノ教室の日々を綴っています

煮物をしようと思ったら

猫の手も借りたいくらいの年末に…

DSC06973.jpg

こーんな状態でしたが、
おかげさまで何とか動けるようになりました。

しかし、
ダウンしてしまったのを言い訳に、
お掃除もお料理も
今年は色々と手抜きをさせていただいております

でもねぇ。
煮物くらいはしましょうね…と思って袋をあけたら、

image のコピー 21
里芋天使(?)発見

子どもたちは、「え〜!? サザエさんでしょう?」と言いますが。
私には「エンジェル 」にしか見えませーん。(笑)


さてさて、
今年も今日を残すのみとなりました。

始めたばかりのこのような拙いひよっこブログに
間違って(?)ご訪問くださった方も、
そうでない方も、
本当にありがとうございました

どうぞ良いお年をお迎えください。

DSC06996.jpg 「2013年、お疲れさま…」

写真の猫ちゃんは、夏に行った猫カフェ
自由が丘「マーサスミス」
の我が家一押しの猫ちゃんです。


エンジェルムジカ ピアノ教室

スポンサーサイト

ダウン・・・

昨日から、
滅多に出さない高熱を出してしまいました。
おまけにこれは、ぎっくり腰??
左の腰が「ピキーッ」
激痛が走って一日動けませんでした。

本当は、
今日が年内最後のレッスンだったはすが、
お休みしてしまい…
生徒の皆さん、本当に申し訳ありませんでした。

「良いお年を〜。」で締めくくりたかったのに・・・

プロなら、
今日きっちりレッスンを終えてから、
熱を出すもの。(出さないか )

このブログも、
カッコ良く(←無理) 音楽ブログで締めたかった・・・

はぁ。
落ち込んじゃうなぁ。

でもそれも・・・
どこか抜けてる私らしい…。

来年はもう少し成長したい、と
冷えピタを貼りながら
思うのでした。

忙しい年末、
皆さまもくれぐれもご自愛くださいませ。

アイ ラブ 湯〜♪なクリスマス

ブログの更新がヒサヒサぶり (夫の言い方を借用 )
になってしまいました
クリスマスはいかがお過ごしでしたか?

実は我が家...
寒さが身にしみるこの年末に...
13年物?の給湯器が壊れまして

もう少し遅ければ、
ツリーの前で ではなく、
スーパー銭湯の販売機の前で、
腰に手を当てながらの「メリー クリスマース
になるところでした。

即日工事はさすがに無理でしたので、
実家のお風呂に入らせてもらったり、
スーパー銭湯に行ったり、
3日間ドタバタドタバタ

食器や顔は水で洗えても、
さすがに体は…ですね。

難行苦行の現世ではありますが、
水風呂で、この甘ったれた根性を
鍛え直すほどの勇気はとてもとても...

クリスマスギリギリセーフで
設置完了してくれた業者さんに感謝感激です

「お湯って有り難い
心の底から思った今年のクリスマスでした。

アイ ラブ 湯〜♪

image のコピー 20

季節の風物詩がチラリ

今日になって気が付いてしまいました。
          ↓
DSC_0296.jpg
季節の風物詩が見え隠れ...。

ということは・・・
先日、この状態で六本木の街を…
その後もどこかに着て行ったぞ...

それにしてもです。
ここに付けますか...。
DSC_0299.jpg
ほぉ。
これはフェイントでしたねぇ。

クリーニング屋さんの勝ちー 穴あいちゃったけど...


最近、失敗を多発しております。
前回はブログタイトルを書かずに投稿して、
しばらくして慌てて書き足したり

「よく確認
ブログタイトルと
クリーニングのタグ」

・・・字余り。

ひょっとしたら私だけ?
何事も 慣れが危ない というお話でした。

ここでリットしましょう

さてさて、昨日の続きです。

ritardando (リタルダンド) は、「だんだんゆるやかに」
という意味の音楽の速度標語です。

rit.ritard. と略記されます。

つまり、昨日のアッチェレランドとは反対の意味ですね。

発表会でよく弾かれる有名な曲のほとんどに、
この「rit.」があると言ってよいでしょう。

私の感覚では、初級も中頃になれば一度は目にする「rit.」

その後は何度もお目にかかっているはずの「rit.」

しかし、
cresc. (クレシェンド) 同様、当ピアノ教室では
「なかなか覚えられないワースト5」の中に入るのはなぜでしょうか?

なんで…?地味だから...?と思い
目立つあだ名を考えたこともあります。

「リットチョン」・・・カワイイでしょ?

私的には結構自信作のつもりでしたが、
現代っ子の反応は今ひとつ…。

センスない?!
そこは「リット」で良かったのでは?・・・ですね。


「ここでリットして…」と使うと
音楽してる自分に酔えます。(たぶん)

93295.jpeg
 クリスマスまで一週間ですね

12月はアッチェレランド

師走と言うだけあって忙しいですね

我が家も、
今年も一応インフルエンザの予防注射をしておこうとか、
年賀状のデザインが決まらない とか、
子どもたちの学校へ行く用もあったりして、
前半から気ぜわしいです。

そして大晦日に向けて忙しさが加速します。
クリスマスはどうする?とか、
お正月の準備とか、
大掃除やらなきゃーとか、
年内に片付けたいことが次から次へと出てきてしまいます。

これを音楽用語で例えるならば、

「ディズニーランド」・・・ではなく (行きたいけれど...)

「Accelerando」(アッチェレランド) でしょうか?


Accelerando (accel.) =だんだん速く

さぁ急げ!急げ 急げのアッチェレランド・・・と、
生徒さんたちは「おんがくかるた」で 覚えています。

DSC_0287-1.jpg

イタリア語で、
すでに「動き」のある状態に、さらに速さを加えるのが
「Accelerando」(アッチェレランド) だそうです。
自動車の「アクセル」と同じ語源で、
Accelerando の ando は 英語の 〜ing 。

到達点は我が家の場合は大晦日…いや、元日かなぁ。
そこを境に徐々に 「rit. 」していく感じです。

皆さんはいかがでしょうか?

ん?「rit.」って?…ですよね。
それは明日のお楽しみ。

(誰も楽しみにしてないって? ...ハハハ )

ブログの中の私って…?

土日は子どもにパソコンを占領されて、
思うように使わせてもらえず
ブログの更新が難しいです。・・・と思ったら
今誰も使っていないぞ。
空いた隙にサクッと更新。急げー


私よりパソコンの知識は数歩先を行く子どもたち。
見守りつつ、色々教わっているのですが、

先日、息子 (小学生) がパソコンで
「友達を傷つけない怒り方...?」みたいな検索をしていました。

「・・・。」
何と言ったらよいか…。

そのあと、私にも相談してきたので、
よく話しを聞いてあげて、一件落着となったのですが、
息子を産んだ時、こんな時代になろうとは思ってもいなかったです…。


その息子が2〜3日前、
隣で私のブログをチラチラ読みながら一言。

「ブログの中のお母さんって人格が違うね。」

「・・・。」

あははははー。 絶句した後、笑ってしまいました。
子どもってよく見ていますねー。

ブログを始めて半年経ちました。
Petit から ブログ だけこちらにお引っ越しして2ヶ月。

「そりゃ、最初はよそいきな感じは仕方ないのだよ。
お客様が来る前は、お掃除 ←開かずの間に押し込むとも言う して
お迎えするでしょう?
デートの時も、みんなおめかしするじゃない?
君も、最近寝ぐせを気にしながら学校へ行ってません?
それと同じよ。
で、だんだん本性が出てくる…。」

ピアノ教室の様子や私の雰囲気が少しでも伝われば と思って
始めたブログです。

息子の意見もふまえまして、色々ご想像いただけましたら幸いです。
これからもマイペースですが、更新頑張ります 少しずつ素の私を...

写真 のコピー 18
あと10日でクリスマス。

クリスマスソングで初見演奏♪

だんだん寒くなるにつれ、動きが鈍くなっております。
もし我が家にこたつ があったら、絶対にへばりついていることでしょう。
最近は外に出るとき「気合いだー 」とガッツポーズをしてから
靴をはく毎日です。でも、1年で一番寒いのはこれからですよね?
さ、寒さに負けず頑張りましょう…ね。っと小さくつぶやいてみました。

さて、今年のレッスンは今週を入れてあと3回となりました。
毎年この時期はレッスンでも、
クリスマスの曲を連弾するなどして楽しんでいるのですが、
今年はクリスマスの曲で「初見演奏」してみようと思います。

初見...初めて見る。 
そして演奏する。…と当たり前な解説をしてしまいました

新しい曲を譜読みするときは みんな「初見」なわけですが、
「初見演奏」は、初見でもできるだけ完成された演奏をすることが目標です。

DSC_0286.jpg
ビギナーから楽しめる グレンダの ピアノdeクリスマス 
グレンダ・オースティン- 編曲  安田裕子- 訳・解説

今のレベルより優しく弾ける曲、
今週は知っているクリスマス曲から...
もろびとこぞりて
きよし この夜
クリスマスおめでとう
の中から選んでもらっています。

ルールは
「間違えても弾き直さない・止まらない。」

まずは、
何拍子か?
何調か?
速さはどのくらいか?
を一緒に確認して、一通り楽譜に目を通したら…

「さぁ。弾いてみましょう

おっかなびっくりでも、
スラーとか 指番号とか フェルマータなどを見落としてしまっても、
何とか止まらないで弾こうとする努力が伝わってきます。

今週はそれで にしたところ、
弾き終わった後の、ちょっぴり悔しそうな表情が可愛いこと ふふ

この曲集は、アメリカで古くから歌われているクリスマスソングや、
日常生活の中のいろいろな場面で歌われる、祈りの曲が集められています。
美しいメロディーに、弾きながらうっとり

つっかえ弾きでも何も感じなかったりする生徒さんの意識が、
少しでも変わってくれたらいいなと思います。

あと2回は、少しレベルを上げていきますね。

六本木で感じたこと

昨日は、ものすごく久し振りに家族で六本木へ。
…主人が「久し振り」のことを
「ヒサヒサブリ」と真顔で言うのですが、
コレはどこかの方言ですか…ね?? 謎デス


六本木 国立新美術館へ義母の作品を見に行ってきました。
image のコピー 17

写真 のコピー 17

年齢的なこともあり、今回が最後の出展になる(かも)とのこと...。
孫たち、しっかり目に焼き付けておくのだよ。

たくさん、ほんとにたくさん作品がありました。
皆さん、それぞれ心を込めて制作されたのが伝わります。
「何ヶ月もかけて完成させたんだろうね…」
どの作品からも、色々なエネルギーを感じました。

美術に関しては素人なので、
最終的には「好きか嫌いか」がポイントになったりしますが、
芸術はそれで良いのではないでしょうか。
その上で、何でも良いので何かを感じることができれば、もうです

せっかくでしたが 全部は見きれないので、
子ども達が興味を示した彫刻の部屋(?)を一回り。
ロダンの考える人 のような作品が、ずらーっと並んでいて、
「夜になると全員が動き出すんだよ」なんて、
もはや誰も信じないことを言う主人に
「怖っ」とだけ返して美術館をあとにしました。

ちょっと休憩して帰ることになり…
写真 のコピー 16

子どもたちにも、「ブログ用ね」と言ってカメラを向けたら、
二人とも自分の手で顔にモザイクかけ始めました
それでも、載せるのはダメなんですって。
母に似て露出は苦手なようです…。

代わりに、ミッドタウン内のクリスマスツリーを。
image のコピー 18

image のコピー 19

ブログは関係なしにしても、
外出先で「ハイチーズ」と、にっこり笑顔の写真が
だんだん撮れなくなってきた我が家です。
これも成長してるってこと…ですか、ね?
サンタサンタサンタサンタサン…

やる気を引き出す消しゴムたち

ピアノで、どうしてもこの部分が上手くいかないというときは、
部分練習をします。

弾けないところを、弾けるようになるまで何回も練習する。
その過程はある意味「ストレス」と言っていいかもしれません。

ストイックに取り組むのが苦にならない子と、あー面倒くさいと感じる子。

でも、弾けるようになったら嬉しいから、頑張ります。
「できた」→「嬉しい」の経験を積んでいくほどに、
苦しみ < 喜びになっていくと思うのです。

少しでも、やる気を出してもらうには、 
目標地点が目に見えると良いのではないか...と考えて、
私のところでは美味しそうな「ケーキの消しゴムたち」が活躍しています。

DSC_0271.jpg

1回上手く弾けたら、消しゴムを1個カゴに戻していきます。
回数は5回だったり、10回だったり、
なかなか上手くならなくて2往復したり... アァ...

DSC_0277-1.jpg

イチゴケーキが多いですが、桜餅などの和菓子もあります。

それにしてもこの消しゴム、感心するくらいよくできているのです。
「イチゴとかのパーツが分解できるんだよ
生徒さんが教えてくれました。

DSC_0284.jpg DSC_0285.jpg
… ホントだ、楽しい

生徒さんの中には、自分の好きなケーキをじーっくり選んで
モチベーションを上げてから取り組む子、
好きなケーキから順番にカゴに戻す子、
見ていると面白いです。

「私、生クリーム系は苦手だから、タルト系にする〜。」
「そうなんだ。先生も子どもの頃、生クリーム系よりチョコ系が好きだったな〜。」
「ふーん。私もチョコレートケーキは好き。」
こんな場面で、お互いを知ることができたりして。

気持ちがほっこりしたところで、練習スタートです

ただ、
数をこなす練習のときに気をつけていることは、
「間違える練習にならないこと」です。
コレでもかっ というように、何も考えずに指だけ動かすと、
結局間違えて何度も弾き直すことに。
これでは逆効果 時間がもったいない。

なので、部分練習は何に気をつけるのか
...音なのか?、リズムなのか?、指使いなのか?をイメージしながら
「正確に」
「ゆっくり」
練習するのが良いと思います。