Angel♪Musica〜エンジェルムジカ〜ピアノ教室 ブログ
横浜のアットホームなピアノ教室の日々を綴っています

ピアノも私も健康月間

今日で6月も終わりです。
ということは、
今年も半分が終わってしまったのですね。

実はワタクシ…
昨年の6月に、人生初の人間ドックを受けてから、
個人的に6月は 健康月間 にしようと思い、
一年に一度、体の隅々までチェックしてもらおうと
意気込んでおりました。



情けないことに...
一年坊主に終わってしまいました

ドキドキの昨年の結果が、健康優良児?…もとい健康優良オバさん⁇
だったので、心のどこかで油断しているのですよ。
大丈夫、大丈夫〜 と。

それに、色々あって、自分のことは後回しになりがちなのも、
健診から足を遠ざけてしまう大きな理由かもしれません。

「40歳を過ぎると、健康にちょっと自信がなくなるのよね…」
と、同年代の友人はみんな言います。

健康あってのお仕事ですから、
やはり定期的に受けたいところです。

バリウムがぁ…
などと言っていられませんね。

     

私自身の健康診断もそうですが、
ピアノもそろそろ見ていただく時期になりました。
もう20年以上の付き合いになる大事な相棒 にも、
長生きしてもらいたいです。
スポンサーサイト

付箋大作戦♪

ピアノのレッスンで、やや幅広の付箋が活躍してくれています。

写真 のコピー 65

よく「弾けないところを取り出して」と言うのですが、
こうすると、見た目にもとても分かりやすくなって

弾きにくい部分の前後を隠すだけで、
かなりプレッシャーが減るのですよね。

「なんだ、ここだけやればよいのね?」

やるべきことが明確になると、やる気もアップ です。

付箋の間隔を狭めたり、
弾けるようになったら広げてみたり。

ペタペタと自由自在なのであちこちで使えますし、
なかなか気に入っています。

工夫して楽しく ですね

ガンバって!

写真 のコピー 64
パンダさんもメガホン持って応援してます

明日のコロンビア戦
お弁当作る手が止まりそうです

ぼーっとしていたら...

あっという間に、あと1ヶ月で夏休みなのですね。

発表会が11月に決まり、最初の準備に忙しくしていました。

会場の手続きに行ったり、
構成はどうする?…とか、
お花や写真はどうする?…とか、
前もって決めることがたくさんあります。

同時に一番大事な選曲ですね。

今日も楽譜を探しに楽器店へ行ったのですが、
考え事をしながら歩いていたもので
危うく自動ドアに激突するところでした アブナイアブナイ

反対側にいた男性に笑われてしまった〜
恥ずかしかったデス...

自動ドアは真ん中に立った方がよろしいようです。
どうも今日は端っこにいたようでして
私の立ち位置までは開きませんでした

もともとそそっかしいので、
気をつけねば…

    

さて、ソロ曲は、忙しい大きな生徒さんたちから決めています。
どんな曲が希望か聞きながら、いくつか候補を絞り、
その中から最終的に弾きたい曲を選んでもらう感じです。

今年はどんな曲がいい?と聞くと、
「去年の曲みたいのがいい」という子が数人いて、
それはそれで、お気に入りの曲に出会えたことはとても嬉しいのですが...。

私としては、いろんなタイプの曲に挑戦してもらいたい気持ちもあり、

「どうしようかしらねぇ…」

で、自動ドアです。(笑)

始めたばかりの生徒さんたちは、もう少しあとで決めますからね。
今は、しっかり音符が読めるようにがんばりましょう〜

ピアノ教室に求めるもの

私はピアノを5歳から始めたのですが、
最初は近所の20代の若い先生 に習いました。
子どもの足で歩いても、5分くらい。
レッスン室はグランドピアノだけで一杯のような、
決して広いお部屋ではありませんでしたが、
(今の我が家もそうですが )
近所の子どもたちがみんな通っていました。

その先生が、やがて結婚。出産してママになり、
ご主人の転勤のため、教室を閉めなければならなくなります。
私が小2〜小3のときだったと記憶しています。

そして、現在の恩師と出会うのですが、
今度はどのルートで歩いても30分はかかります。
横浜は山坂が多く慣れてはいますが、
先生のご自宅までもふたつ山を越えなければなりません。
雨の日も風の日も。
我ながらよく通いました〜。

レッスン日だった水曜日に、なぜだかよく大雨が降る年があり、
玄関でびしょぬれの私を見ながら
「あなたのときは本当によく降るわねぇ」と
先生に言われたのを今でも思い出します。

帰りが遅くなるときは、母が途中まで迎えにきてくれましたが、
昔は今と違って、危ないことに遭遇することもそんなになかったため、
(実は1回あったのですが、またの機会に書きますね )
基本的にはひとりで歩くこと30分。

今だったらちょっと考えてしまうかもしれませんね…。

今は教室をネットで検索する方が多い時代です。
でも教室を探すとき、重要視するポイントというのは
皆さんそれぞれ違うのだと思います。

【近さ重視】いずれひとりで通っても安全か。通いやすい立地か。
【先生の人柄重視】誠実で優しく一生懸命。お子さんの憧れの存在?
【実績重視】コンクール入選多数。多少厳しくてもしっかり技術を身につけさせたい。
【教室のカラー重視】とにかく楽しく、ピアノや音楽を好きになってもらいたい、いろんなジャンルに触れさせてくれるところ、とにかくクラシック中心…等々。

思いつくまま書いてみましたが、きっともっとありますね。

ピアノは長い目で見守っていただく習い事です。
教室に求めるものがはっきりすると、
ピアノ教室選びも見えてくるのではないでしょうか。


     

写真 のコピー 63
サッカーワールドカップ。ギリシャ戦も応援しています

小さな応援団長♪

いつもはじっくり時間をかけて、
あれこれとメルヘンチックな出席シールを貼る4歳のちゃんですが、

先週のレッスンでは、パパッとこんな感じに

写真 のコピー 62

みんなで応援しています
頑張れ〜 日本

ジャズと言う名の

手のひらサイズの可愛らしいリンゴを見つけました。

写真 のコピー 61

その名も「ジャズ」

「まぁ なんてオシャレなリンゴ

素敵なオバサマたちが群がっていました〜。そこへワタクシも〜

私は初めて見ましたが
ニュージーランド産なんですね。

思わず、名前に引き寄せられてしまいました。
でもなぜジャズなんだろう...?

どんなお味か楽しみです。

達成感を味わうために

皆さんは発表会はお好きですか?

おそらく、よほど人前で弾くことが快感で無い限り、
苦手な方の方が多いのかもしれません。

そういう私も、本番前はどこか異次元の世界にでもワープしたくなります。(笑)

でもですね。
人前で弾くことは、普段のレッスンの何十倍も勉強になると私は思います。

緊張の中での演奏。

発表会という場は、
たった一人困難に立ち向かう、
言ってみれば度胸試しの場です。

目標に向かって頑張ることの大切さを学び、
たった一回の本番に挑み、
達成感と喜びに浸れる貴重な経験ができるチャンスでもあります。

期日までに仕上げる過程には、困難が待ち構えているかもしれません。
でもそこを乗り越えた時に、手にすることが出来る達成感。
それは経験した人だけが味わうことの出来る特別なものです。

これが発表会の醍醐味なのだと思います。

毎年「大きくなったね〜。上達したね〜。」という
ほのぼのとした一面の裏側には、
一人一人の壮絶な(…?)ドラマが隠されている発表会。

誰のためでもない、自分自身の発表会が有意義なものになりますように。

見守りながら横でしっかりエスコートします。
ぜひ勇気を出して、進んでください。

今日は絵文字を我慢してみました〜 …やっぱり入れよう



写真 のコピー 60

お土産をいただきました。

これは・・・ライチ、ですよね?

ごちそうさまでした。

梅雨の季節は...

6月6日に雨ざぁざぁ…
思わず口ずさんでしまうほど、横浜は雨脚が強いです。

雨の日は私的にはピアノ日和。
ピアノ室は防音ですが、
普段は多少の音漏れを気にしながら音を出しています。
ピアノの音は好きな人には素敵な音ですが、
嫌いな人にはうるさい音…なのですよね。

でも、雨の日は雨音にかき消されるので、
思いきり弾けるのですね〜。
「バ〜〜ン、ジャーン、ジャーン

ジメジメして気分が落ち込む梅雨入りですが、
ストレス解消には良い季節です。

さて、習い事は「6歳6月6日に始めると上達する」と言われていますね。
実際には、始める年齢は様々かと思います。

このところ、続けて3歳児さんからのお問い合わせを数件いただきました。
本当にありがとうございます。
ただ現在、エンジェルムジカ ピアノ教室では、
ひらがなと数字が読めるようになった頃を
ひとつの目安にさせていただいおります。
なので個人差もありますが、概ね4歳頃から…でしょうか。
すぐにお力になれなくて大変申し訳ありませんが、
またその頃にお問い合わせいただけましたら幸いです。

ご興味をもっていただけて嬉しかったです。
ありがとうございました。
どうぞよろしくお願いいたします。

大人の方からもお問い合わせいただいております。
ぜひ、ピアノを楽しんでいただけたらと思います

ささやかな記念に...

毎日暑い日が続きますが、お元気にお過ごしでしょうか?

さて、昨日6月2日は横浜にとって特別な日。
横浜開港記念日であります。

横浜の市立の学校はお休みになりますので、
お出かけの親子連れも多かったみたいですね。
いいお天気でお出かけ日和でした。暑かったですが…

横浜港周辺では、横浜開港祭として
毎年さまざまなイベントが開催されます。

第33回 横浜開港祭2014の今年のテーマは、
Thanks to the Port「開港を祝い、港に感謝しよう」
〜市民の笑顔と共に未来へ繋ぐ誕生祭〜

5/31〜6/2まで開催されました。

港に感謝…
横浜に育ってウン十年。
今まであまりしていなかったな…。ごめんなさい

調べるとイベントも盛りだくさん

チビっ子ミニ駅伝や、GOGOキッズサーキット、
開港祭検定親子スタンプラリーなどなど。

マリンイベント・ランドイベント・ステージイベント
それぞれたくさんあって、ちょっとビックリしました。

後から気が付く楽しそうなイベントの数々...。

実は、我が家はあまり行ったことがありませんでしたが、
お子さんが小さいうちに、ぜひ参加されるとよいかもしれません〜。

我が家はささやかに...。 
近所の公園で、
フィナーレを飾る4000発の花火鑑賞

花火の上半分しか見えなかったりもしますが
せめて雰囲気だけでも。

写真 のコピー 59 

おめでとう そしてありがとう横浜港

横浜の夏が始まりました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。