Angel♪Musica〜エンジェルムジカ〜ピアノ教室 ブログ
横浜のアットホームなピアノ教室の日々を綴っています

上を目指して

夏休みに入ってピアノ以外の音楽活動に忙しい生徒さんたち。

合唱コンクールに、吹奏楽

夏休み返上で頑張っているようです。

コンクールは、どうしても結果が気になるものですが、
どちらにしても「この日まで本当によく頑張った 」と
自分に言ってあげられたら、私は 入賞 だと思います。

次なる課題が明確になり、
今度はそこをクリアできるように頑張る。

そうやって一歩一歩上を目指すのですよね。

個人的にはコンクールはあまり好きな方ではないのですが、
上手に向き合うことができれば、自分を成長させるチャンスになる…
そう考えると、コンクールも悪くないかな...と思います。

昔は今ほど盛んに行われていませんでしたが、
今はピアノも含め、出ようと思えば色々なコンクールに挑戦できる時代になりました。

私自身は、小学生のときに合唱コンクール(Nコン)の伴奏をしたのが
唯一のコンクール歴です。

伴奏すること自体が初めてで、それはそれは緊張しました。
そのときの会場の雰囲気や感じたことは、今でも鮮明に覚えています。

全学校の演奏終了後に、審査員の講評で
「ピアノ伴奏が少し目立つ学校が何校かあり…」
というようなお話が出てハッとさせられました。

「もしかして私…も??

伴奏は、目立ってはいけない。
に音楽をでる大事な役割を担いつつ、
いかに歌を上手に引き立てられるか…。考えすぎると弾けなくなりそうですが

あの時の私は自分のことだけで精一杯で、
合唱とのバランスなどお構いなしだった…。(ような気がする)
とにかく必死で弾いてしまった…。(ような気がする)

そんな反省文が頭の中をぐるぐる。

ひとりで弾くピアノとは違うものなんだ…と気付かされた
苦い夏の思い出です。

賞はいただけなかったけれど、良い勉強になりました。
心にズシッと何かを残してくれました。

何事も失敗から得るものは大きいです。

そして大事なのは、
それを素直に受け止めることができるかどうか…ですね。


「聞く耳を持つこと」は、実生活でも大切ですね。
 ・・・耳が痛いです。おほほほほ...
スポンサーサイト

頑張りました!

梅雨明けしたと思ったら、暑すぎます〜

これだけ暑いと、人間も機械もおかしくなりますね。
我が家は先日からネットがつながらなくなってしまい、
今日、業者さんに来て見てもらいました。

モデムを交換してもらって、ようやく復旧。
ブログも更新です

こうなったら無理をせず できるだけシンプルに暮らして、
この猛暑を乗り切りたいものです。

...ということで、
玄関前を占領していた紫陽花も、
そろそろスッキリさせましょう。… 遅い!って?
写真 1 のコピー 26
剪定の前にパチリ。

結構ボリュームがあったので、
汗だくになって剪定終了。

ちょっとドライになった紫陽花も、
これはこれで綺麗だなぁ〜と、
のんきに眺めていたらこの暑さです。

写真 2 のコピー 31

暑くなる前にやればよかった…です。



さて、
春からレッスンが始まった生徒さんたち。

ピアノを習うと言っても、最初はまず音符を覚えるところからです。

順調に音符を覚えている子、ちょっと苦戦している子、
それぞれのペースで頑張っているのですが、

そんな中、小3のちゃんが一番乗り。

ちょっと分かりづらいですが、
覚えた音から切り取っていくと...

写真 のコピー 73
こんな感じに出来上がります

ト音記号は真ん中のドから高いドまで、
ヘ音記号は真ん中のドから低いドまで。

少しずつ音域を広げながら、
毎日おうちでカードを使ったり、
ノートに音符を書いて覚えたり、
それはそれは本当に一生懸命でした。
そうするうちに、ビックリするくらいの短い期間で、
2オクターブの音が読めるようになってしまいました。 パチパチ

早く両手で難しい曲が弾けるようになりたいと、
努力を惜しまない頑張り屋さんです。

音符が分かるようになると、
自然と音符を読みたくなりますから、
ピアノもどんどん進んでいきます。

ピアノは「始めたいときが始め時だなぁ」
ということを実感します。

これから発表会の曲の練習が始まります。
初めてのソロ、連弾、ミュージックベル…
ぜひ心から音楽を楽しんでほしいと思います。


今日もお読みくださりありがとうございました
まだまだ暑い日が続きそうです。
くれぐれもお身体ご自愛くださいませ。

横浜で素敵な思い出を

いよいよ子どもたちは夏休みですね。
今月は時間の流れが速すぎて すでについて行けてません

夏休みを迎えたお母様方。
ご一緒に、気合いを入れて乗り切りましょう


さて、先日、手続きのため立ち寄った今年の発表会のホールです。

写真 1 のコピー 22
みなとみらい線 日本大通り駅から徒歩6分ほどの
神奈川県民ホール。(只今耐震工事中です)


目の前は、山下公園。そして海〜 横浜港であります。
遠くにベイブリッジも…見えますか?

写真 2 のコピー 25

写真 のコピー 69


おっ。こちらはもしかして...

写真 1 のコピー 23

写真 2 のコピー 26

赤い靴はいてた女の子。


振り向くと、いいタイミングで「赤いくつ号」が通ります。(ちょっと遠いですな...)

写真 1 のコピー 24


ほんの短い時間でしたが、横浜の風景を満喫しました。

写真 のコピー 71


う〜ん。素敵…

写真 2 のコピー 28

この感じ好きだなぁ〜。

横浜で育って良かった…と思う瞬間です。


       

こんなポスターが貼られていました。
写真 1 のコピー 25

なんと 2015年に開館40周年を迎えるそうです。
そんなに歴史があるとは...

事務室の方が記念にどうぞ、と下さいました。ありがとうございますっ

写真 のコピー 70

「楽しい記憶が積み重なっていくホールとなるよう願いをこめたマーク」だそうです。
いいですね。

素敵なロケーションのこの場所で、
思い出に残る素敵な会になるよう、頑張りたいと思います

夏休みの前に一仕事

それにしても、蒸しますね… 家の中がサウナ状態です。

せめて涼しげな写真で、
目だけでも涼んでいただけたら...。

写真 のコピー 68 トレニア。可愛いですよね。

あっという間に一週間... 久し振りの更新であります。

台風も心配でしたが、私的には母親業の濃い一週間だったな...という印象です。

ジメジメ蒸し蒸しのせいでしょうか、
娘が体調を崩しまして、
あっちの病院、こっちの病院と足を運んだのですがちっとも良くならず。
最終的に、幼いころから通っている小児科で決着したのでした。

もう何年も通っているので、
娘の性格や身体のことをよく知っていてくださること。
それに加え、先生のお医者さまとしてのカン…というか、
的確な判断のおかげ(本当に!)でやっと元気になってくれました。
良かった...

小児科…と言うと、
「新生児から、まぁ…小学生いっぱい?」と多くは思いますよね。

私もそのボーダーラインが気になっていたので、
娘が中学生になるときに、
「あの...いつまで先生に診ていただけ...ますか?」と
お訪ねしてみました。

すると先生、
「○○ちゃんがお母さんになるまで。」とニッコリ。

そんなわけで、
昔ほど頻繁に通うことはなくなりましたが、
体調を崩すと、赤ちゃんや小さいお子たちに混ざって、
高校生の我が娘も待合室に座っているのでした。

でも…
いつ行っても混んでるんですよねぇ

本当に少子化…?と思ってしまうくらいに。

稀に待合室に人が少ないと、
まるで宝くじに当たったかのような喜びが、こみ上げてきたりして(笑) ラッキー

今回も待つのが嫌で つい浮気してしまったら、かえってこじらす結果に…。
すみません... もうしません。


そして、この時期恒例の個人面談を二人分こなし、
ようやく落ち着いて、夏休みを迎える体制になりました。


娘の学校はもう蝉が鳴いていました アラ
梅雨が明けたら、
これからが夏本番なのですよね

皆さまも、体調崩されませんよう十分にお気をつけくださいね。

さぁて。
夏休みに向けて、400マスのピアノの練習がんばりマスカードの作製に
とりかかるとしますか

子の思い、親の思い、そして先生の思い

7月の出席シールです。
写真 のコピー 66

七夕さまにちなんで、生徒の皆さんに
ピアノの願いごとを聞いています。

「ピアノが上手になりますように…

やはりコレが一番多い願いですね。

ピアノを始めたばかりの人も、
長く続けている人も、ちなみにこの私も
もっともっと上手になりたい、と思うものです。

ピアノは続けていれば上手になる、は間違いではないと思います。
が、上達のスピードは人それぞれです。

ピアノに触った分だけ上手になる、も間違いではありません。
が、時間よりも質が大切なことがあります。

あとは、その人の手の器用さも関係しますね。
同じことを5分の練習で出来てしまう人と、
20分かかってしまう人…。
うーん...これだけは各自で踏ん張りどころですね。

最終的には、ピアノが上手くなりたいと思う意欲の有無…
というか、思いの強さによるような気がします。

親の思いとしては、
「これだけ投資したのだから、それに見合った上達をしてもらいたい。」
私も親なので、そのお気持ち分かります...。

しかし、
お子さん自身が上達よりも楽しみ重視で良い、と考えているケースがあり、
そういう場合が一番難しい...と感じます。

先生としてどうしたら良いか...。

どの生徒さんも、きちんと力をつけて教室を卒業してもらいたい。
つまりは、数あるピアノの名曲のせめて入り口までは導いてあげたい。
そう思って日々レッスンしています。

本人がショパンやモーツァルトやドビュッシーを今は望んでいなくとも、
いろんな経験をして大人になったとき、
弾きたくなったときに弾いてくれれば良いわけです。

楽しみ重視のお子さんは、大抵練習が嫌いです。
練習は嫌いだけれども、人一倍ピアノが好きだったりします。

しかし、待てど暮らせど親の思うような結果が出ないと…
悲しい結末になってしまうこともしばしば

教室を離れても弾きたい曲が弾けるようであってほしい。
人生を通じて楽しめる音楽スキルを身につけてほしい。


音楽人生の最初のところを預かった以上は、
それだけは譲れないのですが…。

本人と親御さんと私が同じ方向を向いていく。
その難しさを感じる七夕でした

体験レッスンについて

*只今、7月 & 8月の 無料体験レッスン受付中です*

お知らせ

Angel♪Musicaピアノ教室では、随時無料体験レッスンを行っておりますが、
今年度の発表会が11月に決まりましたので、誠に勝手ながら
9月~11月は体験レッスンを一時休止させていただきます。
申し訳ございません。よろしくお願いいたします。

12月以降の募集につきましては、11月下旬にホームページと
こちらのブログにてお知らせする予定です。
私自身の力量を考え、お一人お一人と丁寧に向き合うためにも、
今年度の募集はあと少しになるかと思っております。
定員になり次第、募集は休止させていただきますが、
何卒ご了承ください。

       

ブログやホームページをじっくりご覧いただいてから
お問い合わせくださる方が多いせいか、
体験レッスン後は皆さまにご入会いただけて嬉しい限りです。

しかも素敵な良い方ばかりで…
感謝感謝です。

ご縁というのは不思議なものですね。

ビビッと来たら、ゴー。
ピンと来なければ、ご遠慮なく。

当ピアノ教室では、体験レッスン後にじっくりお考えいただき、
5日以内にお返事を頂戴しております。
(体験後に勧誘などはいたしません)

ご自分にピッタリなところで
楽しいピアノライフを送ってもらうことが一番です。

ということで...

時間のある夏休み。
暑い盛りではありますが
無料体験レッスンでピアノを弾いてみませんか?

8月末まで受け付けております。
お問い合わせだけでも、どうぞお気軽に
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。