Angel♪Musica〜エンジェルムジカ〜ピアノ教室 ブログ
横浜のアットホームなピアノ教室の日々を綴っています

また一つ終わり、次へ

秋らしいお天気の中、
息子の小学校生活最後の運動会が無事終了しました。

今日は私的ブログで失礼いたします。

娘のときから数えて11回目の小学校の運動会。

長かった…が正直な気持ちで、
「早く終わってほしい…」
毎年お重にお弁当をつめながら願っていたのでした。

終わるまでは…!

終わってしまうと、やっぱり寂しいものですね。


毎年、お弁当を作って応援に来てくれた母。
3年前に父が亡くなってひとりになり、
その後、体を壊して介助が必要になってしまった母。
最後だから…と半分無理をして来てくれました。

その母が帰るとき、
「終わったね…」と、校庭や毎年お弁当を食べた場所を振り返り、
ゆっくりと見渡してつぶやいたのでした。

もう母ともこの場所へ来ることはないんだな…

母への感謝と、寂しさと、終わってホットしたのと、
いろんな感情で押しつぶされそうになって…

母との思い出がまた一つ増えました...。



こうやって一つ一つ終わるごとに、
小さな済印を押されていくような気がします。

結婚から考えると、出産、子育て、お仕事の事、夫婦の事、
健康の事、その他色々...
自分に与えられた全ての課題をこなしていくうちに、
人生あっという間に終わってしまうのでしょうね…。

時に難問題という試練に立ち向かい、
それを乗り越えたときは大きな が押されて。

...私の済印はどこまで押されているのだろうか?

大なり小なり、課題は多い方が人生に深みが増します…ね。
そう思ってこれからも日々頑張ろう

そんな事を思う週末になりました。


さぁて、次なる課題は2014年ピアノ発表会。
しんみりしている場合じゃありません。

今日から気合いを入れ直していきたいと思います

おー


代休でまだ寝ている息子よ。
いいかげんに起きなさい!
(でも、おかげでブログが書けました。)
スポンサーサイト

ピアノの練習記録しましょう

今年もこの季節がやってきました。

発表会前のお約束。「ピアノ練習記録カード」

写真 3 のコピー 12

決められた分のシールが集まれば、一週間ごとにごほうびシールがもらえるというシステム。

大きい生徒さんたちにコレを渡すと
「えっ。もうそんな時期?」と一瞬焦る様子が毎年楽しい...いやカワイイ

今年は、黄色の台紙に黄色のニコちゃん をごほうびシールにしたため、ちょっとごほうびの存在感がうすくなってしまったかな

(実際は、ニコちゃんの顔がキラキラしているので写真よりは良い感じ?)


ちゃん、とても頑張っています。
写真 2 のコピー 38


そして、小さい生徒さんバージョンも作ってみました。
そろそろ自分の曲が弾けるようになってきた一ヶ月前から、毎日のピアノ練習を記録します。

写真 1 のコピー 34 ついでにドレミのお勉強も

写真 2 のコピー 39

がんばりましたシールはもちろん…
写真 のコピー 87 アナ雪〜

ピアノ練習の習慣付けの一助となってくれたら…という思いを込めて。

みんな頑張って


私のこだわり ↓
写真 のコピー 86
手書きのこの顔が、結構ウケてます(笑)

練習サボったらアカンよ〜。(マッサンの影響が…!)

ベル練 始めました!

久し振りの投稿になってしまいました。

アレルギーの薬に少々風邪薬も追加され、
ようやく自分の身体に戻りつつある感じです。
(ご心配とご迷惑おかけいたしました… )

ただ、まだエヘン虫が私の喉に住み着いているようで…
歌い辛いから出て行ってくれ〜

マスクは箱買いしているのですが、
ものすごく雑菌から守ってくれそうなマスクが出てきました。

写真 のコピー 85 あははは...

元気があれば何でも出来る! ←只今身をもって実感中です。

来月はベルの合わせ練習も加わり、もっと忙しくなると思うので、
気は引き締めて、
身体は適当に休めながら、

ダウンしないように過ごしたいと思います。

今週は生徒さんも2名、体調不良でお休みでした。

これからだんだん寒くなりますが、
しっかり治して (私もですね ) 元気に発表会を迎えてほしいと思います。


レッスンではピアノの他に、ミュージックベルの個別練習を始めています。

写真 のコピー 84

練習用の音源を作りました。

ウィンター・ワンダーランドは、生徒4人で演奏します。
ひとり4音から7音担当しますので、ボーッとしてられません。
まず楽譜を見ながら、担当音を色別にで囲んでもらうのを宿題にしています。

ハリー・ポッター「ヘドウィグのテーマ」は色別済ですので、
お家でCDを聴きながら、色鉛筆か何かを持って練習してみてください
ベルを持ち替えるタイミングが、分かりやすくなるかと思います。

     

今年は不気味系と可愛い系にしてみました。
皆さんはどちらがお好みでしょうか?


喉の痛みに耐えながら...

今週はマスク装着でのレッスンになり、
申し訳なかったです。

写真 のコピー 83

喉がイガイガ、ヒリヒリして、
話し続けているとゲホゲホ...咳が止まらなくなってしまうのです。
はぁ...。困った一週間でした。

レッスン中も、咳き込まないかとヒヤヒヤ。
それが…木曜日。
3人目のレッスンが終わりそうなときに、
イガイガしだしまして…。

「ごめんね ちょっと練習していてね 」と、
慌ててリビングに駆け込んでお茶をガブガブ。
何とか鎮めました。

その様子を見ていた我が子たちは
「あ〜あ…」と苦笑い。

普段は物静かな私も、
レッスンではずっと喋ったり、歌ったりするので、
喉は酷使しています…ね。
体質的に鼻と喉が弱いので気をつけないといけません。

ちょっとの間とは言え、
レッスンを中断してしまいごめんなさい。
反省...。

今は耳鼻科でもらったお薬を飲んで、
少しずつ良くなっています。
あと一息ってところです。

一年で一番気持ちのよいこの季節に
ちょっとの油断が命取り…。

以後気をつけます。


         

元気なときは、スーパーの「のど飴コーナー」は素通りですが、
今回は「お願い。助けて〜」という心境で直行

初めて見つけたのが、上の写真ののど飴なのでした。

ん?音楽大学との共同開発ののど飴??
なになに。
音大の声楽科の教授と学生の声を聞きながら、
試作を重ねて作ったのど飴…なんだ。へぇ。

ト音記号が可愛いし(そこ?)これにしてみよう!
となりました。

お味は、浅○飴みたいな感じ。意外に(...なんて失礼!)美味しいです。
スッキリします。

毎晩枕元にも置いて、夜間も準備万端。

おかげで今、
お口の中がふやけてます

季節の変わり目。
皆さまもどうぞ声と喉を大切に...♪

合唱の伴奏を目標にしてみる

先日、3年振りにレッスンに来てくれた ちゃん。

すっかりお姉さんになって 嬉しい再会です。

合唱コンクールの伴奏を引き受けたそうで、
その伴奏を中心に、短期ですがレッスンすることになりました。

「大地讃頌」
歌もダイナミックですが、この伴奏がカッコいいですよね。

ちゃん、ブランクがありながらも良く練習していて、
ちょっと感動してしまいました。

毎週のレッスンからは卒業しても、時々ピアノに触れていたのでしょう。
努力のなせる技、培ってきたものの大きさを感じました。

本番までに、さらにキラッと光る素敵な伴奏になるよう、
サポートしていきたいと思います。



近頃は、ピアノ伴奏者をオーディションで決めることが多いようです。

立候補するのも立派ですし、選ばれたらそれはそれは嬉しいことですよね。

小学校高学年から中学生になると、伴奏もそこそこ難しくなります。
派手...というか華やかになるので、ピアノ伴奏者は憧れの存在なのかもしれません。

しかし実際は、ピアノをちょっとかじりました…では、ちょっと太刀打ちできないレベル。
やはりしっかりとした力をつけていないと、なかなか通用しなくなってくるのですね。

そこで、大切になってくるのが「読譜力」
楽譜を読むのがスムーズでないと、ツライ… です。

では読譜力をつけるには、どうしたらよいのでしょう?

「とにかく音符にたくさん触れる」ことだと思います。

たくさん楽譜を読んでいくうちに、
「初見でもある程度弾けている自分」に出会えたらしめたもの。
そこからは、スピードを増して弾けるようになっていくでしょう。

譜読みが早いことは強みになります。
それこそ一生モノのスキルです。

短くても5年、長ければ10年のお付き合いになる(...と思っている)ピアノ教室。

その中で、しっかり力をつけて
「合唱のピアノ伴奏者になる」ことを、
目標のひとつにされてみてはいかがでしょうか。

発表会の記念品、選んでます♪

10月になりましたね。ということは、発表会は来月…

そろそろ記念品を選ばなくては。

今年は何にしましょうか〜?

パソコンとにらめっこしながら、
あれこれピックアップしております。

悩むのは苦ではない方なのですが、
まだ記念品として選んでないもの…となると、
うーん、無いかなぁ
そろそろお品が一回りしたかもしれません。

お菓子のように消えて無くなる物より、私は
「残る物」派なのですが…。

もう少し探してみましょう。

きっと楽しみにしていてくれる…よね?


        

写真 のコピー 81

先日、銀座のヤマハへ行った帰り、人が群がっていたので「何?」と思ったら

「あらまぁ。カワイイ〜 」思わず1枚。


朝。あと5分、あともうちょっとだけ … の季節がやってきました。